乳酸菌がよく売れる3つの時期とその理由

乳酸菌がよく売れる3つの時期とその理由

乳酸菌の製品は、季節とは密接な関係があります。特定の時期に、その製品が多く購入される傾向があるようですね。では具体的にはどのような時期にその製品が多く購入されるかと言うと、春先と夏休み後と年末年始です。

 

花粉症が理由で乳酸菌がよく売れる

 

まず1つ目の春先なのですが、やはり花粉症が大きく関係しているようですね。春の時期になりますと、花粉症に悩んでいる方々も多いです。

 

そもそもアレルギーになってしまうのは、抗体が暴走しているからです。本来ならば人間の体を守ってくれる筈の抗体が、ちょっとアレルギーの関係で暴走してしまって、人間に対する悪影響を及ぼしてしまうそうなのです。

 

参照先
もう悩まない!乳酸菌で花粉症と決別!

 

ところが乳酸菌は、その働きを抑えてくれる訳ですね。現に乳酸菌のサプリメントで、その症状が改善された事例もあるようです。それで3月などは、ちょっと乳酸菌の売れ行きも上昇する傾向があります。

 

夏休みと年末年始に乳酸菌の製品が売れる理由

 

それと2つ目と3つ目の夏休み後と年末年始なのですが、その2つはどちらも食生活に関係してきます
まず夏休みというのは、ちょっと色々とお腹の調子が悪くなりがちです。冷たい物を摂取する事が非常に多いので、その時期にお腹を下してしまう方々も多いですね。

 

それと後者の年末年始ですが、ちょっとサラリーマンの方々は飲み会などに行く事も多いです。そこでついつい食べ過ぎてしまって、お腹の調子が悪くなってしまう方々も多いと言われています。

 

そのような時期になれば、やはり多くの方々はお腹の調子を整えようと考えるでしょう。それで腸内環境の改善をしてくれる乳酸菌の製品が、よく売れるようになるのですね。

 

ですので春先と9月頃と年末年始という3つの時期は、ちょっと乳酸菌の製品もよく売れるようになるのかなと推理します。